ブラックジャックのダブルダウン【使うタイミングとやり方】

ブラックジャックの特別ルールの1つであるダブルダウン。

特別と言っても、本場カジノやオンラインカジノを含め、ほぼどのテーブルでも使える一般的なアクションです。

ここでは、このダブルダウンについて、使うタイミングとやり方について解説します。

ブラックジャックのダブルダウンとは

ダブルダウンとは、最初にベットした額と同じ金額を追加して3枚目のカードを引くアクションのことを言います。

勝てば2倍の利益を獲得することができますが、3枚目で強制スタンド、つまり3枚のカードで勝負しなければいけませんので、

確率から言えば負けるリスクも高くなる手となるため、使うタイミングをしっかりと考えなければいけません。

ブラックジャックでダブルダウンを使うタイミング

ダブルダウンが使えるのは、最初のアクションを選択する時だけです。

どんなカードが出ても使うことは可能ですが、3枚目で絶対にバストしないタイミングが最低条件になります。

つまり、自分の手札の2枚の合計数が11以下になっている時であれば、3枚目に最も大きい「10」が出てもバストしないので、OKというわけです。

これにプラスして、ディーラーがバストしやすい確率(=勝てる確率)を考えながらダブルダウンを使うタイミングかどうかを判断する必要があります。

この辺りは、ベーシックストラテジーというブラックジャックの基本戦略に沿って考えるのが鉄板なので、以下の記事を参考ください。

ブラックジャックにおいて基本の必勝法と言われるベーシックストラテジーという戦術。 自分に配られた2枚のカードと、ディーラーのアップカー...

ダブルダウンのやり方

では、具体的にダブルダウンのやり方を見ていきましょう。

ここでは、オンラインカジノのブラックジャックを例に解説していきます。

チップを賭ける

ゲーム名:American Blackjack
ゲーム配信会社:Betsoft Gaming

まずは、チップをベットしてディール(ゲームを開始)します。

今回は5ドルを賭ける形で見ていきましょう

ダブルダウンを選択

自分の手札が10でディーラーのアップカードも10でした。

ベーシックストラテジーに沿って考えると、ここではヒットが確率的には賢明な選択ですが、ここではダブルダウンを選択してみます。

本場カジノの場合は、コールしてチップを追加するジェスチャーになりますが、オンラインカジノの場合はボタンをタップするだけで、自動的にベット額と同額が追加されます。

引き分けだった場合

説明する上では、幸運なことにディーラーと引き分けることができました(最初の1発目だったのでラッキーでしたw)

この場合は、最初に賭けた5ドルと追加5ドルとも没収されることはなく、ノーカウントになります。

勝った場合

こちらも戦略的にはスタンドを選択すべきでしたが、強引にダブルダウンをしかけて勝つことができました。

勝った場合は、このように追加したベットの合計10ドルに対して配当がカウントされます。

このゲームは2倍配当ですので、10ドル×2倍=20ドルの勝利金を得ることができました。

なお、負けてしまった場合は、ベットした額と追加金の10ドルが没収される形となります。

まとめ

このように勝てば倍の勝利金を得ることができるダブルダウンというブラックジャックならではの特別アクション。

リスクもありますが、ここぞというタイミングで使えば、高い確率で勝利金を増やせるので、ブラックジャックの基本ルールに慣れてきたら、ぜひ積極的に使っていきましょう!

記事がお役に立ちましたらシェアください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする