ブラックジャックのディーラー限定ルール

ブラックジャックを極めるための肝になるのが、ディーラーだけに設定されている限定ルールです。

それはプレイヤー(あなた)が有利なものなのか、不利なものなのか。

そこから一体何を読み取なければいけないのか。

この辺りをここでは明らかにしていきたいと思います。

ディーラー限定のルールとは

では、早速本題のディーラー限定ルールとはどんなものなのかについて、

プレイヤー(あなた)に有利になるものと不利になるものに分けて紹介します。

プレイヤーが有利なディーラー限定のルール

プレイヤーが有利なルールは、この3つです。

①最初に配る2枚のカードの内、1枚を表向きにしなければならない

②手持ちのカードが17以上になるまでヒットし続けなければいけない

③手持ちのカードが17以上になった時点で強制的にスタンドしなければならない

このように、プレイヤー(あなた)は次のカードを予測しやすい状況であることがわかると思います。

もう少し掘り下げて言えば、ディーラーは「17」という手(ハンド)を超えなければいけないので、

・17
・18
・19
・20
・21(ブラックジャック)
・バスト

この6種類しか手が残されていないという事です。

プレイヤー側は2~21まで選択肢があり、かつ最初の2枚の内、1枚は表向き(=アップカード)なので見ることができる。

この事を考えれば、どれほどプレイヤーが有利かという事は分かりますよね。

これがカジノの中でも、ブラックジャックが還元率99%と勝ちやすいゲームと言われる理由です。

プレイヤーが不利になるディーラー限定のルール

プレイヤー側が有利とはいえ、カジノも利益を出さなければ運営はできないので、プレイヤーが不利になるものもあります。

たった1つしかありませんが、ゲームをする上で、とても重要です。

それはこちら。

お互いがバストした場合はディーラーの勝利

お互いがバストの場合、ノーカウント(引き分け)なのではなく、あなたが負けてしまうということなのです。

ブラックジャック駆け出しの初心者は、できるだけ強い手(ハンド)で勝とうとする傾向にありますが、

極端に言えば、

●あなた「2」

●ディーラー「バスト」

でも、あなたの勝利です。

そしてこれ、実はすごい重要なことなのです。

つまり、あなたが13で、相手が16だったとします。

この時点でまだあなたの負けですが、ルール上、ディーラーはもう1回ヒットしなければいけません。

ここで負けたくないので、あなたもヒットしたカードが「10」だったら?

ディーラーがどのカードを引いたとしても(バストだとしても)負け

です。

こうしたリスクを冷静に判断してヒットするか、ステイをするかというのが、ブラックジャックにおいて最も重要であることを、早い内に身につけておきましょう。

まとめ

ブラックジャックは、プレイヤーに有利なゲームであることは間違いありません。

ただし、勝つか負けるかは自分の判断(=アクション)が非常に大事です。

そのため基本の考え方は、

21に近づけて勝つのではなく、自分がバストしないこと

これが、勝率を高めるために重要ということを覚えておきましょう!

記事がお役に立ちましたらシェアください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする