ブラックジャックのルール

ブラックジャックを極めたい!

そう思うのであれば、まずはルールを覚えなければ始まらないですよね。

ここではブラックジャックの最も基本のルールについて詳しく解説していきます。

基本のルール

ブラックジャックのルールを覚えるにあたって、まず何より大事なのがディーラーに勝つことがあなたの目的となります。

これを前提として、

◆最低2枚以上のカードで、合計21に近づけること

◆合計22以上にしないこと(=バストと言います)

この2つについて意識しながらゲームをしていくのがブラックジャックになります。

トランプカードの数え方

ブラックジャックはジョーカーを除く52枚のトランプカードを使って「21」の数字を追いかけます。

一般的なトランプの数え方とはやや異なりますが、カードのマーク(♥♠♦♣=スートと言います)は勝ち負けに影響しないため、非常にわかりやすいです。

そのため、まずはカードの数え方について覚えてしまいましょう。

2~10のカード

普通に数字が書かれた2~10までのカードは、記載されている通りの数え方をします。

絵柄カード

絵柄のカードは、通常のトランプでは11~13と数えますが、

ブラックジャックでは、絵柄のカードは全て10と数えます。

エース

ブラックジャックでは、エースだけが特別なカードとして、

「1」と数えるか「10」と数えるかを自分で選択することができます。

そのため、エースが手元に出たときは勝負が有利に進められると言えます。

ゲームの流れ

では実際のゲームの流れを見ていきましょう。

本場カジノでは、ゲームの進行はディーラーが行います。

そのため、友達同士で遊ぶ場合は、どちらかがディーラー役(親)となって進めていく形が基本です。

1.チップを賭ける

最初にプレイヤーはチップを賭ける事からはじめます。

チップの種類は、1ドル・5ドル・25ドル・100ドルの4種類が基本。

カジノではテーブルによって1回に賭けられるチップの上限額が決められています。(=テーブルリミット)

家庭で遊ぶ場合には、こうしたブラックジャックセットがあると、本場さながらに盛り上がれておすすめです。


ブラックジャックセット

2.ディーラー(親)が2枚ずつカードを配る

ディーラー(親)がプレイヤーから2枚、自分に2枚カードを配ります。

この時は、

・プレイヤーには伏せて配る

・ディーラー(親)は、1枚は表に、1枚は伏せて配る

このようにするのが、ルールになります。

3.プレイヤーがアクションを決める

プレイヤーは配られた2枚のカードを見て、次のアクションを決めます。

具体的なアクションは、

・ヒット:もう一枚カードを引く

・スタンド:これ以上カードは引かないで勝負をする

この2つが基本ルール。

ゲームによっては、

・スプリット

・ダブルダウン

・サレンダー

・インシュランス

といった特別ルールが設けられる事もあります。

4.勝負する

ディーラーが伏せていた1枚のカードをオープンにして勝負になります。

<プレイヤーの勝利条件>

・ディーラーより21に近いこと

・ディーラーがバストしていること

<プレイヤーの負け条件>

・ディーラーより21に遠かった

・3枚目のカードを引いてバストしてしまった

それぞれ上記ルールによって勝ち負けが決まります。

尚、本場カジノでは、プレイヤー側が有利になるよう、ディーラーは17を超えるまで強制的にカードを引き続けないといけないルールとなっています。

ブラックジャックを極めるための肝になるのが、ディーラーだけに設定されている限定ルールです。 それはプレイヤー(あなた)が有利なものなの...

同点の場合のルールについて

確率的には低いですが、プレイヤーとディーラーのカードが同点のケースもあります。

同点になるケースは以下の4種類が考えられますが、それぞれこのようなルールになっています。

①両者とも2枚のカードでブラックジャック(21)だった場合:引き分け

②プレイヤーが3枚目以上で21、ディーラーが2枚でブラックジャック(21)だった場合:プレイヤーの負け

③2枚のカードで20以下の同点だった場合:引き分け

④3枚以上のカードで20以下の同点だった場合:引き分け

引き分けはプッシュと呼ばれ、配当率や減額はなく、そのまま賭け金が戻ってくる形になります。

まとめ

以上が最も基本となるルールです。

この他にも本場カジノやオンラインカジノなどでは、ゲームの種類によって特別ルールが設けられていたり、勝ち方によって配当金(勝利金)が大きい独自のルールもあったりします。

しかしながら、基本の流れはここで説明した通りとなりますので、まずは基本ルールをしっかりと見につけましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする