ブラックジャックの用語集

ブラックジャックについて学んでいると、聞き慣れない言葉が出てくると思います。

そんな時にサクッと調べられるように用語集としてまとめたページを作りました。

用語は索引検索ができるように並べてありますので、ブックマークして頂ければ便利かと思います。

ブラックジャックの用語-ア行

アップカード(UPCARD)

ディーラーの2枚の手札の内、表向きにしているカードのこと。

インシュランス(INSURANCE)

テーブルによって認められている特別アクション。

ディーラーのアップカードがA(エース)の場合にのみ、ベットの半額を追加して勝負ができること。

日本語で「保険」を意味し、ディーラーがナチュラル21であってもベットの2倍が支払われます。

逆にナチュラル21ではなかった場合は、ベット+インシュアランス額全てが没収されます。

ブラックジャックの用語-カ行

カードカウンティング(CARD COUNTING)

配られたカードから、シューのカードを予測して次の手を決める戦術のこと。

完璧に使いこなせれば勝率100%以上になる必勝法である一方、本場カジノでは禁断の手法とも言われています。

カット(CUT)

カードを最後の1枚まで使わないために、混ぜ直す位置を決める際に入れる、プラスチック製のカードのこと。

カードカウンティング対策として使用されています。

ブラックジャックの用語-サ行

サレンダー(SURRENDER)

テーブルによって認められている特別アクション。

ベットの半額を払って、そのゲームを降りる(負けを認める)こと。

シュー(shoe)

テーブルの上にまだ出ていない(配られていない)カードのこと。

スタンド(STAND)

カードが配られた後に、それ以上引かないアクションになります。

この場合、その時点の合計数で勝負することになります。

スプリット(SPRIT)

テーブルによって認められている特別アクション。

最初に配られた2枚のカードがペアの場合に、1枚ずつに分けて勝負できること。

ソフトハンド(SOFT HAND)

手札にA(エース)が含まれていて、「11」として数えること。

ブラックジャックの用語-タ行

ダブルダウン(DOUBLE DOWN)

テーブルによって認められている特別アクション。

ベットと同額を追加してヒットし、3枚目で勝負をすること。

ディーラー(Dealer)

カジノでゲームを進行するスタッフのこと。

ブラックジャックの場合は、ディーラーが対戦相手となります。

ディール(DEAL)

ディーラーがプレイヤーに手札を配ること。

デッキ(DECK)

ジョーカーを除く52枚のトランプカードを1セットとした際の数え方のこと。

本場カジノでは、シングルデッキ、ダブルデッキ、6デッキの3種類が主流。

デッキ数が多くなるほど、ブラックジャックが出た時の配当が高い。

ブラックジャックの用語-ナ行

ナチュラル21(Natural BLACK JACK)

最初に配られる2枚のカードが、「A(エース)+10(10、J、Q、K)」で21になること。

ブラックジャックの用語-ハ行

ハードハンド(HEAD HAND)

手札にA(エース)が含まないこと。

あるいはA(エース)が手札に含まれている場合で、1と数える場合のこと。

ヒット(HIT)

カードを配られた後に、もう1枚引くアクションになります。

フェイスアップ(FACE UP)

プレイヤーに配る全ての手札を表向きに配ること。

本場カジノでは、6デッキ以上の場合、フェイスアップが一般ルールとなっています。

プッシュ(PUSH)

プレイヤーとディーラーのカードが同点(同じ数字)で、引き分けになること。

ブラックジャック(BLACK JACK)

最初に配られた2枚のカードで、合計21になること。

ペア(PAIR)

最初に配られた自分の2枚のカードが同じ数字であること。

ベーシックストラテジー(BASIC STRATEGY)

ディーラーのアップカードと自分のカードから、次に出るカードを確率的に計算した、ブラックジャックの攻略法。

ブラックジャックに本気で取り組む方は、まず覚えるべき基本戦術になります。

ベット(BET)

お金を賭けること、あるいはチップを賭けること。

ブラックジャックを始める際に、最初に行うアクションになります。

ホールカード(HOLE CARD)

ディーラーがカードを伏せて配ること。

記事がお役に立ちましたらシェアください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする